『THE GREATEST SHOWMAN』を観てきました!

3/5と3/18の2回、『THE GREATEST SHOWMAN』を観た。

率直に言って、今まで観た映画の中で一番良かった。

期待を抱きながら観に行って、その期待を圧倒的に上回る作品

今年度で退職し、4月から1人でやっていかなくてはならない自分とどこか重なる部分があり、奮い立たせられたというのもある。

この映画はP.T.バーナムの成功を描く内容だが、何かに挑戦し、成し遂げる人はかっこいい

しかし、成し遂げるにしてもお金や名声に走ってしまっては失敗するというのも映画の中で描かれている。

家族や友情、周りの支えがあって、自分の信念を持ち続け、努力すれば道は開ける。

ストーリー自体は普通だが、何といっても音楽が素晴らしい

音楽を手掛けたのは『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞の歌曲賞を受賞したベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのコンビ。

『ラ・ラ・ランド』がヒットする前からこのコンビに作曲を依頼していたとのこと。

ヒュー・ジャックマンはじめ、キアラ・セトルなどキャストの歌声とダンスは心に響き、鳥肌が立った。

もし、この映画が実際にミュージカルでやるなら是非観たい。

そして、ブルーレイが発売されたら購入間違いなし。