「カメラを止めるな!」を観てきました。(ネタバレなし)

Twitterにも投稿しましたが、先日、「カメラを止めるな!」を観てきました。

この映画は上田慎一郎監督による作品で、6月23日にわずか都内2館で公開されて以降、口コミで徐々に広まり全国での上映が決定

8月10日時点で150館にまで拡大し、現在も毎日のように上映館数は拡大しています。

私もTwitterで面白いというのを目にし、興味半分、疑い半分で観に行きました。

予習として「カメラを止めるな!」のHPのIntroductionの、

“とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。                   ​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。                     そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!​大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。

ということと、予告動画を観て予習しましたが、正直ピンとこず、面白い映画かつまらない映画のどっちかだろうと思いながら観に行きました。

また、”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”と書いてあるので「37分で終わるの⁈でも、上映時間は96分と書いてあるし・・・」と疑問に思いつつ観に…

しかし、そんな思いも良い意味で裏切られ、恐怖とコメディーが融合した今まで観たことない映画めちゃくちゃ面白かったです。

冒頭から約37分間のワンシーン・ワンカットの映像から一気に引き込まれ、途中、「えっ、もう終わり⁈」とビックリする場面がありましたが、役柄も一人一人個性があり、今までにない構成で終始楽しむことができました。

中盤は少し落ち着いた感はありましたが、終盤への布石と思えば納得でき、文句なしで星5つの映画です。

私自身、ホラー映画は全くと言っていいほど観ないので、この映画も少しドキドキしながら観ていましたが、怖い場面はほとんどなく、ホラー映画が苦手な方も十分楽しめる作品となっています。

小学生以下のお子さんは怖いと感じるかもしれませんが・・・(笑)

この映画を観た後、何人かに「カメラを止めるな!面白いよ!」と教えたところ、全員その映画のことを知りませんでした。

予算300万円で作られ、CMなどの宣伝にお金をかけられず、口コミで知った人以外はまだ知られていないようです。

このブログで知ったという方もいらっしゃるかもしれませんが、間違いなく楽しめますので、観に行かれることをおすすめします。