私が結婚を決意した理由 -Episode 1-

先日、婚約したことをブログに書きましたが、今回はなぜ結婚を決意したかについて書きたいと思います。

昨年の12月に6年間お付き合いしている彼女と婚約をしました。

私の恋愛観、結婚観は「遊び半分でお付き合いするのではなく、結婚も初めから考えてお付き合いする」というのを前提にしていました。

良いように聞こえるかもしれませんが、この考えはお付き合いする方に特に伝える訳でもなく、友人などにも言ったことはなく私自身が勝手に決めている、ポリシーみたいなものでした。

どうしてそう考えるのかブログを書きながら考えてみますと、「20代は遊びたい!」というような思いはなく、むしろ「早く結婚して家族で暮らしたい」という思いの方が強かったからだと思います。

お付き合いを始めたのは私が大学3年時、彼女が大学1年時で、6年制の獣医大学では卒業まではまだまだ時間がありました。

もし、4年制大学でお互いが卒業していれば25歳位で結婚を決めていたかもしれませんが、「さすがに在学中は…」という考えがあり、彼女の卒業を待つことにしました。

彼女が卒業し動物病院で働き始めた数ヵ月後、私のやりたいことであった牧場の話は一度なくなり、今後の人生を考え直した際、「動物病院に就職し、独立できるくらいの知識や技術を身に付けたら開業し、彼女と一緒に動物病院をやる」というのが私たちにとって最善の道ではないかと考えました。

「卒業後」と「今後の人生の再設計」というのが大きな決断の理由ではありますが、他にもいくつか理由があります。

まずは、彼女の親しい友人が結婚したという話を彼女が聞き、それ以来、それまではそんなになかった”結婚したいアピール”が急激に増したことです(笑)

テレビでそういうことあるというのは知っていましたがまさか自分がそうなるとは思いませんでした。

後は、しっかりとプロポーズするにはそれなりに準備期間と会うタイミングを考える必要がありました。

会うタイミングに関しては遠距離だったというのと、私が働き始めた際、休みが合わず1泊2日でも合わせるのは大変になるかもという思いはありました。

また、婚約指輪を購入する場所にもこだわりたい(詳細については後日ブログに書きます)と思っていたので、会うタイミング、プロポーズの準備という2つのことを考えると、私が働き始める前がベストではないかと思い、このタイミングで婚約したという経緯もあります。

今後は婚約するまでの準備や婚約指輪、プロポーズについて書いていきたいと思います。