獣医師国家試験まで2週間

今年度の獣医師国家試験は2月の14、15日の2日間。

いよいよ、2週間後に迫ってきたのでこれからの勉強法や生活、モチベーションの保ち方について書いていこうと思う。

①早寝早起き

僕はこれが一番大切だと思う。

実際、僕自身は12月に入ってから早寝早起きを心掛けて生活した。

今まで遅寝遅起きで勉強してきた人もいると思うが、これからは国家試験の開始時間に合わせなければならない。

生活リズムを変えるのに最低2週間は必要であるので、今日から始めたい。

また、早寝早起きは生活リズムを整えるだけでなく、風邪予防にもなる。

これは働き始めて実感していることだが、学生時代は年数回体調が悪い時があったが、23時半に寝て、6時半起床の7時間睡眠の生活をこの2年間ずっと続けてきたが、1度も風邪は引いていないし、引きそうになったこともない。

今年はインフルエンザが大流行しているので、早寝早起きは是非最優先事項に。

あと、うがい手洗いも。

②繰り返し、繰り返し

この時期は週に1、2年分の過去問を解き、残った時間は全科目を繰り返し、繰り返しやっていた。

最後の模試で合格ラインに達しなかったとしても、最後まで諦めずに

僕の友達でも、最後の模試で合格ラインに達していなくても合格した人いる。

その友達とは図書館で勉強している席が近かかったが、朝から夜遅くまで勉強していた。

だから、諦めずに。

③自分を信じて

勉強するにしても「ダメかもな~」と思いながら勉強するのと、「俺は絶対受かる!」「余裕しょ!」と思いながら勉強するのでは結果が変わってくると思う。

自己暗示ではないが、合格ラインぎりぎりでもポジティブに物事を考えれば、きっと良い結果が待っていると僕は思う。

この2週間は自分との闘いになる。

周りに振り回されずに、自分信じて。

 

以上、思うことを書いたが、最後にハワイの言葉で占めたいと思う。

“Holo i mua.”

どんな時も前向きに