うさぎの飼い方 ∼エサ編∼

前回は飼育環境についてでしたが、今回は餌について書いていきたいと思います。

まずご存知かと思いますが、うさぎは草食動物であり主食は“草”となります。

しかし、来院される方の多くがペレットや野菜を与えていれば大丈夫というような誤った知識で飼育されているのが現状です。

ここでうさぎを飼育するうえで絶対に覚えていて欲しいのは、“うさぎの主食は牧草”という事です。

では、牧草とペレット、野菜の何が違うのかと言いますと、それは繊維量にあります。

牧草の繊維の割合が35%前後なのに対し、多くのペレットは15%前後野菜は数%と圧倒的に牧草が上回っています。

人間は肉や魚などのタンパク質、脂肪などをメインに体を構成・維持していますが、うさぎは繊維によって体が作られています。

うさぎのお腹は大部分が盲腸で占められ、盲腸に送り込まれた牧草などの繊維分は腸内細菌によって発酵、分解され、吸収されていきます。

そのため、健康なうさぎは余分な脂肪がなく、腸管に張りがあり、お腹の大部分に盲腸が展開しています。

しかし、市販のペレットやおやつなどタンパク質や脂肪の多い食事を主食にしていると肥満状態になり、元来繊維を発酵し有効活用する機能(主に盲腸)が衰退していきます。

人間がファーストフードやポテトチップス、ケーキなどで育ったようなものと同じです。

歯など他の病気を伴わなければ、この食事でも生きてはいけますが、少しずつ消化管の機能が低下していく為、当然のことながら病気になりやすかったり、食欲にムラが出たりし始めます。

一旦このような状態になると、今まで美味しいものや口にしやすいものを食べてきた影響により食事の変更が難しく、寿命の短縮といった事態を招いてしまいます。

病院では触診によりうさぎの腸の状態を車のエンジンで表現しています。

トラックを動かすためにはそのトラックの大きさに適したエンジンが必要です。

しかし、トラックに乗用車のエンジンを積んだ状態だと少しは走るかもしれませんが徐々にパワーを失い、止まってしまいます。

これをうさぎで言うと、「このうさぎの体型やお腹の大きさからしてこれくらいの腸のボリューム(トラックのエンジン)は欲しいが今は50%くらい(乗用車のエンジン)しかない。」という感じになります。

元々、しっかりとした腸(トラックのエンジン)を持っていて、何らかの原因で食欲が落ち、うんちも小さいとなったうさぎの場合、治療に対する反応は良いのですが、ずっと腸のボリュームが50%位(乗用車のエンジン)で何となく生活してきて、脂肪も多いうさぎですと治療への反応が悪く、中々立ち直らず、次第に弱っていってしまうこともしばしばあります。

では、実際にどのようなエサをどう与えればいいのか。

何でも食べてくれる子であれば、牧草99%、ペレット1%の割合が良いと思います。

牧草だけでも良いと思いますが、ペレットを少量与えることでタンパク質や脂質、ミネラル成分も補えると私は考えています。

では、牧草の種類や良いペレットについて次ページに書いていきます。