ブログ100記事を書いて気づいたこと

先日、「10年日記をつけ始めて4年が経ちました。」の記事でブログを始めてから100記事目投稿になりました。

ブロガーの中には1、2ヶ月で100本書く方もいるので4年間で100本だとすごく遅い部類に入ると思いますが、別の角度で見ますと100記事まで書き続ける人は10%程でなので我ながらよく続けてこれたと感じています。

途中、書かない時期が数ヶ月あった時もありましたが、最近では動物病院で働きながら休みの日に書くといった感じで月4、5記事と週1ペースで書くことができています。

そこで今回は記事100本を書いて変わったこと、気づいたことを書いていきたいと思います。

ブログを始めたのが2016年3月1日。

始めた当初はブログの作り方はもちろん、記事の書き方も分かりませんでした。

初めはアメブロやはてなブログなどの無料のブログサイトから始めてもいいのではと考えましたが、やるからには継続したいと思っており、無料だと熱が入らない気がし、またどうせやるならおしゃれなサイトにしたいと思いWordpressで一からサイトを作ることにしました。

しかし、作ると言っても経験も知識もないど素人。

ど素人がちゃんとしたサイトを作れるのか不安はありましたが、色々な壁にぶつかり、その度に調べ、試行錯誤し、現在のサイトは素人ながらだいぶ形になったと思います。(まだまだ改善したい箇所は多々ありますが。)

ど素人でもこれくらいのサイトを作ることができたのでWordpressでサイトを作ろうと迷っている方の少しでも力になれればと思ってます。

また、この4年程で記事の質や書くスピードも上がりました。

記事にはなるべく写真を用いたり、しっかりとした日本語で丁寧で分かりやすく伝えられるよう心がけています。

例えば、ブログを始める前までは「〇〇を食べれる」と間違った使い方をしていましたが、言葉遣いを気にするようになってからは「〇〇を食べられる」と正しい日本語で書くようになり、これが普段の生活でも自然と口から発せられるようになり、またテレビで芸能人が間違った日本語を使っていると気になってしまうくらいです(笑)

書き始めた当初は月10記事を目安に投稿しようと考えていましたが、しっかりと下調べをし記事の質を落とさないように書くと月4、5記事が今の私には合っているので、当分はこのペースで書いていこうと考えています。

このブログを通して情報発信やアウトプットの大切さ、難しさは身に染みて感じており、少しばかり成長できたのではと思っています。

4年前にこのブログを始めていなければその大切さや難しさには気づけず、休日も目的もなく過ごしていると想像すると恐ろしいです。

今となっては4年前に不安がありながらも勇気を持って一歩踏み出し、ブログを始めて良かったと心から実感しています。

以前の記事「獣医師から獣医学生に伝える5つのこと」でもアウトプットの場を作った方がいいと書きましたが、最近はブログのみならずYoutubeやInstagramなどアウトプットできるツールが多くあるのでこれらを駆使し、学生のみならず社会人に方、主婦の方、定年された方など全ての方にお勧めします。

記事やデザインなどまだまだ改善の余地が多くありますが、少しずつ直し、うさぎのことや日常の出来事、獣医業界のことなどを発信し、多くの方に愛されるブログになれるよう今後も書き続けたいと思います。